花咲ガニと言うカニは非常に短期の漁期で(夏の初めから終わり頃まで)、いわゆる特定の時期限定の味と言える代表的な蟹であるが故に、食べる機会が今まで一度もなかったという人も多いのではないでしょうか。

獲れたての蟹は通販から取り寄せる人も多くなりました。ズワイガニはいいとして、毛蟹に関しては迷うことなく通販でお取り寄せしない限り、ご家庭で思い切り堪能することは不可能です。

卵を保有している雌のワタリガニの方が、何てことはない雄よりも晩品です。胸の身の部位やミソの部分に関しては、雄と雌に思ったほどの違いは感じないが、卵は貴重でやみつきになります。

いろいろなネット通販でも派閥が分かれる冬のグルメ、ズワイガニとタラバガニ。片方だけなんて決定できない。そういった優柔不断になっちゃう人には、それぞれを楽しめるセットのありがたいものが一押しです。

私は蟹が大・大・大好きで、この冬も通販のショップからズワイガニや毛ガニを送ってもらっています。丁度楽しめる時期なので、早めに押さえておくと納得の値段で手に入ります。”頂くと誠に口触りの良いワタリガニの最高の季節は、水温が低くなる晩秋から春だと言われている。この時のメスは一段と絶妙な味になるのでお歳暮などの差し上げ品に役立てられます。

漁期が定められているので、ズワイガニのシーズンは大体1月を挟んだ2〜3か月間で、シーズンを考慮しても贈り物にしたり、おせちの種として知られていると言っていいでしょう。

ここ最近は好きな人も増え、通販の販売店でいわゆる訳あり品のタラバガニを様々なショップで手に入るので、ご家庭でお手軽に旬のタラバガニをお取寄せするということもいいですね。

北海道周辺においてはカニ資源保護を目論んで、海域ごとに毛ガニの水揚げ期間を設けておりますため、いつでも捕獲地を転々としながらその上質なカニを口にする事が実現します。

花咲ガニの特徴として他のカニを見ても数が極少のため、水揚期は短い夏の期間(7月〜9月頃)に限られており、そのことから食べるならこのとき、という旬が初秋から10月までのひと月ほどでたったこれだけ?と驚くほど短期間です。”茹でられたものを戴く状況では、私たちが茹でるより、湯がき終わったものを店舗側の人が急激に冷凍処理した代物の方が、正確なタラバガニのデリシャスさを味わう事が出来る。

ワタリガニとなりますと、甲羅がゴツゴツで身がずっしりしたものが選別する時に大切な点。ボイルもおすすめだが、蒸しても美味しい。身にコクがありますので、辛さが際立つカルビスープなどにぴったりだ。

ワタリガニは様々な食材として食することが可能なものです。素焼きにしたり、ご飯に合うから揚げとか体を温めてくれる味噌汁も推奨したいです。

根室産が主に知られている最近注目の花咲ガニは、北海道東部地方で棲むカニで、国内全体でも支持の高い蟹です。特徴は深みとコクのある味で、一番おいしくなる浜茹での引き締まった身は逸品です。

脚は短いのですが、ワイドなボディに旨味のある身がぎっしりと入っているこの花咲ガニは食べ応えが違います。獲れる数が少ないので通販でお取り寄せする際は、他のものを取り寄せるより高めです。