毛ガニときたら北海道に限ります。水揚の産地から直送のおいしい毛ガニを通信販売で注文して召し上がるのが、このシーズンの最高の楽しみという人もたくさんいるといえるでしょう。
カニの種類と体部に関しても記載している通信販売ショップもあるのですが、ファンも多いタラバガニをちょっと物知りになれるよう、そういった知識を参照するのもおすすめです。
美味しいワタリガニを口にする場合は「湯がくだけ」が一番だと思います。心なしか口に入れにくいかも知れませんが、美味な味噌や身は、これ以外の豪華な蟹に負けることがない旨さを感じさせてくれます。
冬と言ったらカニが味わいたくなる時期となりますが、山陰地方で生息している松葉ガニと同様に人気なのが瀬戸内海で獲れる鮮度の良いワタリガニです。公式の名称はガザミと呼ばれ、今日では瀬戸内で有名なカニと聞いています。
現地に足を運んでまで食べるつもりになると、電車賃などもそれなりにかかります。旬のズワイガニを自分の家庭でゆっくり味わいたいというのなら、便利に通販でズワイガニを買う方法しかありません。

昆布で育った花咲ガニは、おいしいだしが出るので鍋に入れても相性が良いです。このカニの水揚量はあまりにも少ないので、残念ながら北海道以外の地域で欲しいと思って市場に行ってもほぼ置いていないのです。
綺麗な海が広がる瀬戸内海でよく捕れるカニとなれば、ワタリガニのことで足の端部がひれ状の形態となっているだけでなく、海を横断するということでこの名が付けられているのです。甲羅の全幅が13センチより小さい場合は捕獲することが厳禁です。
簡単に言えば殻は硬いと言うものではなく、対処しやすいということも助かるところです。上品なワタリガニを見つけ出した際には、是非蒸し蟹と言うものを頂いてみると良いと思います。
しゃぶしゃぶ料理に使用されるタラバガニとズワイガニは、形相でも分かるように美味しさにもだいぶ違うと考えています。身がたくさん詰まったタラバガニは、食欲をそそり満足感がべらぼうではありますが、味そのものは少々淡泊っぽいです。
ワタリガニは諸々のメニューで味わうことが適うものとなっています。焼ガニや蒸しガニとして楽しんだり、食が進むから揚げとかいろんな種類の鍋物も旨いです。

捕獲されてすぐは体は茶色なのですが、ボイルによってぱっと赤くなるので、咲いている花のような感じになるのが理由で、花咲ガニというようになったということです。
私は大の蟹好きで、今シーズンもカニ通販を使って毛ガニ・ズワイガニを届けてもらっています。今はいただくのには最適の時期なので、先に予約しておくのが確実なうえにお買い得に手に入れることができます。
よく目にするものより大きめのワタリガニの雄は、美味しさが最高です。ゴツゴツとした甲羅に、熱燗を入れながら味わうと、カニ味噌とうまくミックスされて、味と香りの調和が取れた贅沢な味を賞味できるのです。
手をかけずに食べるのもうまい花咲ガニは、それ以外に、適当な大きさに切り分けてカニの味噌汁にするというのも堪能できます。あの北海道では、カニで作った味噌汁を「鉄砲汁」と言う名で呼ぶそうです。
ズワイガニとは、水深300m近くの深海で占住し、ふぐ料理が有名な山口県からカナダ付近まで水揚げされる、大振りで食い応えのある食用カニになります。