この数年間でカニ愛好家の間で「花咲ガニ」という蟹が話題になっています。8割前後の花咲ガニの水揚がある北海道は根室に、美味しい花咲ガニを食べに行こうという周遊旅行があるほどです。
産地としては根室が有名なこの花咲ガニは、特に北海道の東部で棲むカニで、全土でも大人気の蟹です。豊かな風味とコクが特色で獲れたて・浜茹でのほおばるとプリッと弾力のある肉質は逸品です。
ズワイガニは雄と雌で容量が相違して、雌は大抵日頃から卵を擁して状況のため、水揚げが盛んな港の漁業関係者の間では雄と雌を全く違った商品として取り引きしていると思います。
形状など見かけはタラバガニっぽいこの花咲ガニは幾分小振りで、カニ肉としては抜群の濃い味わいです。卵(内子、外子)お目当ての人も多いほどとてもうまいです。
普通に味わっても旨味のある花咲ガニの他の楽しみ方としては、ぶつ切りに切ってカニの味噌汁にするのもまた味わい深いです。北海道に行くと、カニの入った味噌汁を「鉄砲汁」と呼びます。

美味しいワタリガニを食べたいなら、「煮るだけ」がベストでしょう。若干食べる事に苦労しますが、味噌や身の風味は、その他の値段が高い蟹に絶対に負けることがない香りと味を感じさせてくれます。
スーパーではなく蟹は通販から買い入れる人が増えてきました。ズワイガニはよしとして、特に毛蟹についてはほぼ100%毛ガニの通販を見つけて手に入れないと自分の家でいただくことは難しいのです。
ワタリガニといえば、甲羅が強力でずっしりくるものが選考時のポイント。湯がいても美味しいが、蒸してもたまらない。濃い味の身は味噌汁に適しているでしょう。
毛ガニそのものは、北海道においては一般的なカニなのです。胴体にぎゅうぎゅうに隙間がないように詰まっている身や甲羅の内側のおいしいカニみそを何としても満腹になるまで頂いてみないともったいないです。
いうなればお得な価格で高品質のズワイガニが購入できるなどの点が、通販で扱っている何かしらの理由で訳ありになっているズワイガニの特徴の中でも、最大のポイントといえるのです。

花咲ガニと言うカニはごく短期間の漁期で(初夏のあたりから晩夏のあたり)、いわゆる短い旬の間限定の味と言える代表的な蟹であるが故に、食べるチャンスがなかったという人も多いかもしれません。
かに飯といったら本家本元として名高い北海道は長万部産のものこそ、北海道毛ガニの頂点だそうです。ぜひ、毛ガニ通販で旬の味を味わってください。
花咲ガニについては他のカニの中でも数が豊富ではないので、水揚できる期間がおおよそ7月〜9月のみとなり、それゆえに旬のピークが秋の初め、9月から10月にかけてとまったく短いのです。
日本人が食べているタラバガニのほとんどはロシア原産で、大概アラスカ沿岸などに住んでいて、有名な稚内港に入ってから、そこより各地へと輸送されて行くことになります。
ナイスなタラバガニの選別法は、外殻がとても強いタイプやずっしりとした重みを感じられる種類が身が多く詰まっていると伝えられています。スーパーなどに並んでいることがあった時には、よく見てみているとよいだろう。